知識や経験はビジネスの武器になる!自己投資の重要性!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

なぜ人は学ぶのか、なぜ学ぶ必要があるのか。

あなたはこの質問に答えられますか?

数学ではないので答えは複数あることでしょう。
しかし、この質問の一つの答えとして今回の記事を書きました。

様々な方に読んでもらいたい内容ですが、学生の方、そしてお子さんのお持ちの方に特に読んで欲しいと思います。

ビジトレを始めるための準備として、また一つ学んでいきましょう。

 

スポンサーリンク

学校で学ぶこと、学んだことの本当の使い方

学校で教わること、それは義務教育から高校、大学と多岐にわたると思います。

年齢を重ねるごとに専門的な内容になっていくと思いますが、小学校、中学校、はたまた高校生活を送る中でこんなことを考えたことはないでしょうか。

「この授業って将来何の役に立つの?」

これは、今学生のあなた自身が思っていることかもしれません。

答えを挙げるとすれば、「より偏差値の高い高校や大学に入るために必要なこと」と思う人が多いのではないでしょうか。

でも、私が言いたい「将来の役に立つ」は意味が違います。

こと大学という目標を多く持つ学生のあなたに言えることは、大学に入った方が良いとも、入らなくても良いとも私は言いません。

でも、大学が絶対ではないです。

大学は、入る意味をしっかりと持っている人が行くべきところです。

高校や大学受験のために勉強をしている場合は、強いて言えば勉強をする「努力」そのものはその後の人生において大きな財産になると思ってはいます。

では、今現在、社会人である大人はどうでしょうか。

同じ疑問を持って学生生活を送っていたという方も多いのではないでしょうか。

そういう意味では誰もが持つ疑問であると言えます。

私自身も「数学ってそこまで習わなくても四則演算できればいいじゃん」なんて思っていました。

そして大人になって今度は逆に思うのです。

「あの時ちゃんと勉強をしておけば良かった、、、」

社会人になって「あの時勉強しておけば」という思いは、大学受験に向けてではなく仕事や生活をしていく上で感じるのです。

例えば、マーケティングを考えるとき、四則演算以外の数学の知識、つまり統計学などが必要になります。

結局、親や先生から散々言われていた、「勉強しなさい!」って意味は大人にならなければわからないということです。

でも、これってすごくもったいないことですよね。

せっかく勉強を教えてもらえる環境にありながら、何のために学んでいるのかわからないって。

国語、算数、社会あたりは将来の役に立つかもしれないと思うことができるかもしれません。
また、国際化が進んでいる今日、英語なども役に立つでしょう。

それでも腑に落ちない授業もたくさんあります。生物、化学、音楽、美術、人によっては体育も。
これらは、それぞれ専門的なことを追求する上では重要になってくる学問だと思います。

しかしながら、多くの人にとっては「あー、昔なんかやったよな」程度でしかないのです。

学生の方!試しにご両親に聞いてみてください。

教科はなんでも良いのであなたが意味のない授業と思えるものが大人になってから、もしくは社会に出て役に立ったのかを。

例に出した中でいうと、生物、美術などはほとんどの人が社会人になっても意味を成さないでしょう。
だから、学ぶ意味はないのか?

その答えは「No」です。

なぜなら、学校で学んだことを自分の人生に役立てるかどうかは自分次第なのです。

どういうことかと言うと、、、

例えば美術の授業って意味があると思いませんよね?
絵が描けなくても生きていくことはできます。

でもこうも考えられます。美術の授業で習うような絵を描く基本的なことを、絵が苦手な人に教えることができればそれは仕事として成り立ちます。

これは極端な例ですが、このように考えればどんな教科も武器となり得るのです。

あなたの今ある知識や経験は、これまでの人生の中で培われてきたものです。

学校の授業も含めて、これまで学び経験したことが将来何の役に立つかはわかりません。

しかし、より多くの知識、経験を持っている人の方がチャンスが多くなるのは間違いありません。

そして当ブログで目指すことは、その知識を仕事とするのではなく、最終的にビジネスまで昇華させる思考を持つことの重要性とその方法を教えることです。

自己投資の大切さ

今回はビジトレを始める前に「学ぶ」、「経験する」ことの大切さについてお話しました。

学校の授業を例にだしましたがここで本当に言いたいことは、知識や経験を積むために自己投資をしなさいということです。

自己投資というのは、お金をかけてやらなくてはいけないものではありません。

学生の方!学校ではその知識や経験を親切に教えてもらうことができるのです。
すべてにおいて高得点を取り、完璧である必要はありません。

好きな科目はより掘り下げてもいいでしょう。嫌いな科目はもう一度だけチャレンジして、自分の知識の一つとして持っておきましょう。

そして、社会人の方へ。学生でなくても学ぶべきことは数多くあります。

人生は学び、経験をし続けることでもあります。

自分の仕事に関することだけの狭い世界で満足するのではなく、どんなことにも好奇心を持ち、様々なことにチャレンジする精神をもってください。

今、このブログを読むことも知識を得るための自己投資です。

そして、読んでいるあなたは好奇心旺盛でチャレンジ精神を持ち合わせている方でしょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す