お小遣いはいくら?小学校低学年へのマネマネ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

小学校へ入学する時に、親として悩むことの1つに「お小遣い」があります。

あげるべきかどうか、いくらあげれば良いのか、どうやってお金について教えていけば良いのかと悩む点が多いのではないでしょうか。

小学生にもなるとお金のことも理解しています。また、友達付き合いというのも出てきます。

ここでしっかりとお金のことを教えてあげることで今後の金銭管理が左右されると言っても過言ではありません。

子どもの成長を見ながら、適切なマネマネにより、正しいお金への知識を教えてあげましょう。

 

スポンサーリンク

お小遣いはあげる?あげない?

結論をいいますと、お小遣いをあげることを推奨します。

なぜかというと、お小遣いをあげることでお金の管理や計画性を学ぶことができるからです。

家庭によっては、お手伝いをすることでお小遣いをあげる場合もあるかもしれませんが、このようなお金の渡し方はお勧めしません。

お手伝いの目的が「お金をもらうため」になってしまってはいけません。
何かをする代わりにお金がもらえると思ってしまいます。

お手伝いは家族の一員としてやるべきことです。

お子さんがお手伝いをしてくれたら、親として助かったことをしっかりと伝えて、感謝の言葉をかけてあげることが重要です。

また、欲しいモノ、必要なモノができた時に都度お金をあげることもよくありません。

お子さんに言われるがままお金をあげることは良くないことだということはお分かりだと思います。

この場合の、欲しいモノができたからお小遣いを「あげる」、「あげない」の基準は何でしょうか。

子どもからしてみると「これは良い」、「これはダメ」と親から言われてもその基準がはっきりわかりません。

欲しい理由や、本当に必要なモノなのかの判断を子どもから聞く、相談することでお金の管理や計画性を理解させましょう。

 

お小遣いの額はいくら?

お小遣いをあげるにあたり、次に悩むのがその金額です。

他の家庭ではどれくらいあげているのか気になるところですよね。

正直、お小遣いの金額は各家庭によって考え方があるのでこの額をあげれば間違いないという答えはありません。

ただし、大きい金額をあげることはその子のためにはなりません。

ここに金融広報中央委員会の「暮らしと金融なんでもデータ」から引用したお小遣いの平均額を載せておきます。

 

 

学 年

1・2年生

3・4年生

5・6年生

 

平均

¥893

¥975

¥1,121

年収

300万未満

¥1,450

¥1,188

¥1,311

300~500万未満

¥844

¥873

¥1,052

500~750万未満

¥930

¥1,000

¥1,305

750万~1000万未満

¥471

¥475

¥1,062

1000万~1200万未満

¥1,000

¥467

¥729

1200万以上

¥750

¥1,000

¥1,060

参考:金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査」〔二人以上世帯調査〕(2013年/平成25年)

 

小学校低学年での平均が893円となっています。

初めてのお小遣いは、まずはこの額を目安に「年齢×100円」という年齢に応じた額にするのが良いのではないでしょうか。

また、2年生、3年生と進級するに従い「年齢×100円+α」をあげるようにしましょう。

金額が少し高いと思われる方もいらっしゃるかと思います。
次の章でその理由はお話しますが、お金の管理をさせるためにも少し多めに渡してあげましょう。

また、お小遣いをあげる際には、500円玉と100玉のみであげるのではなく、1円や5円といった小銭も混ぜてあげましょう。

こうすることで、それぞれの小銭の役割や小さいお金の大切さも理解ができるようになるでしょう。

これまでの話を参考にお小遣いの額を決めて、ぜひお子さんとマネマネをしてください。

 

お小遣いの使い道を考えよう!

お小遣いの額が決まったら、お小遣いの使い方のルールをお子さんと決めましょう。

これができるかによって、将来のお金の使い方が決まるといっても過言ではありません。

では、どのようなルールを作ればいいのでしょうか。

 

学校で必要なモノをお小遣いで買わせよう

一般的には、お小遣いをあげたらお子さんの好きなように使わせていると思います。

でも、せっかくなので学校で必要なものなどもお小遣いから出すように提案をしましょう。
下の表を参考に載せておきます。

 

学年

お小遣いに含める内容例

金額

1・2年生

えんぴつ、ノート、消しゴムなど

200~500円

3・4年生

ふで箱、本、交友費(一部)など

400~900円

5・6年生

交友費全般など

800~1200円

 

学年が上がる毎や、お子さんの理解度に合わせて内容を順次追加していきましょう。

また、追加した分の金額は、買うものの頻度などを考えながらお小遣いに加えてあげましょう。

こうすることで、以下のようなメリットがでてきます。

  • 好きなモノだけ買ってしまってはいけないことが学べる
  • 自分で買ったものなので、モノを大切に使うようになる
  • お金の使い方に計画性をもてる
  • モノの価値を知ることができる

 

貯金をすることの大切さを教えよう!

貯金ができる人は、先に収入をベースに貯金ができる額を設定し、残ったお金で生活をしています。
逆に貯金のできない大人は、余ったお金を貯めようとする傾向にあります。

そんな大人にならないためにもお小遣いをもらったら、いくら貯金するというルールを作りましょう。

具体的には2種類の貯金をすることをお勧めします。

欲しいものができた時のための貯金(短期的な貯金)
ゲームソフトなどお小遣いでは買えないものを買うために貯めておくお金

基本的には使わずに本当に必要な時に使う貯金(長期的な貯金)
短期的な貯金では買えないものや将来のために貯めておくお金

この段階では、まずは貯金には短期的なものと長期的なものがあるということを教えてあげましょう。

そうすることで将来的にも貯金をうまくすることができるようになります。

これら2つの貯金と日々使うお金の分も含めて3つの貯金箱を用意してあげるといいでしょう。

限りあるお小遣いから少しずつ貯めておく大切さを、ぜひお子さんに教えてあげてください。
また、お小遣いの額が変わるタイミングで、1年に1回貯金額も変えるといいでしょう。

 

お金の取扱いについて教えよう!

小学校も通い慣れてくると友達と遊んだりする機会も多くなってくると思います。

その時に、お金の貸し借りや奢ってあげる、また奢ってもらうといったことはしてはいけないことだということを教えましょう。

借りればお金が手に入る、あの子に言えば奢ってもらえるといった、これこそ卑しい考え方を持ってしまっては困ります。

また、お小遣いは親が一生懸命働いて得た限られたお金の中から、お子さんがお金の使い方を学んでいくために渡しているものです。

このことをしっかりと伝え、お金を貸したり、あげたりすることもしてはいけないことだと伝えましょう。

お金というものは大切なものです。これらのことはお小遣いをもらう上で絶対に守らなくてはいけないルールとしてください。

 

この3つのルールを必須として、お子さんとお小遣いの額とともに、ご家庭に合った使い方のルールを考えていきましょう。

また、ルール決めの中で、参考にしてもらいたい「欲しいものリスト」について別記事でも取り上げる予定ですので、そちらも併せてご覧ください。

 

まとめ

お小遣いの使い方のルールとそれに沿ったお小遣いの額をお子さんと決め、お子さん自身が納得できる内容にすることが大切です。

親が一方的に決めてしまうよりも、お子さんを子どもではなく一人の人として意見を尊重してあげることが重要です。

ただし、必須項目としては、小学校で必要なモノをお小遣いから捻出すること、そして、お小遣いをもらった段階で貯金をすること、ルールを守ってお金を使うことです。

子どもが小さいうちからお小遣いを通して金銭感覚、お金を使う計画性を身に付けることができれば、大人になってからお金のトラブルに巻き込まれる心配も少なくなります。

大切なお子さんのためにも、学校の授業と同じ位大事なことだという認識をもってマネマネを通してお金について教えてあげてください。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す