家計簿のすゝめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

家計簿はつけていますか。

つけていない方は、今すぐにでも始めることをお勧めします。

なぜなら、自分の収支バランス、お金の流れを知ることはとても重要です。

企業においては、丼勘定をしていては倒産してしまいます。

同様に個人でも、いい加減な収支をしているようではお金が貯まらないばかりか、借金や自己破産の可能性も出てきます。

 

スポンサーリンク

家計簿の重要性

ネットなどで検索をしてみると、家計簿の必要性については意見が分かれています。

必要ではないと主張している方は、自分のお金の収支についてある程度把握をしており、且つ、お金の知識があったり、貯蓄がしっかりとできる習慣にある人などです。

しかし、この記事をご覧頂いている方は、貯金ができない、お金を増やしたいという人だと思います。

そのため、家計簿をつける必要があるかどうかについては必要であると断言します。

では、その理由を説明します。

家計簿をつける目的として「何にいくら使ったかを把握して節約をできるところを探しましょう」というのが一般的な意見だと思います。

近年、クレジットカードや電子マネーなど現金以外での支払い方法が増えており、支出について把握しづらくなっています。

そのため、家計簿をつける意味としてこの意見については賛成です。

しかし、マネマネでは「何にいくら使ったか」を把握した上で、更に「なぜ使ったか」を重要視しています。

「なぜ使ったか」という意識で家計簿を見返すことにより、それが本当に必要なものであったのかを考えることができます。

これまでに、買い物をする時は「これは価格から見てもいいものだ」と思って買ってみたものの、あまり使わないでいる物ってありませんか。

こういった無駄な支出をいかに減らしていけるかを家計簿から読み取ることができるのです。

そして、それを経験として次の機会に役立てることができます。

 

家計簿の選択

世の中には、家計簿と呼ばれるものはごまんとあります。

紙ベースのものから、アプリ、エクセルを利用したものなど様々です。

正直、答えになっていないかもしれませんが、結局のところ何を使っても良いです。

自分が使いやすいと感じたものを使うのがいいでしょう。

前述した通り、重要なのはその家計簿をどう生かすかにあります。

 

支出の大別

家計簿をつけるにあたり、前提としてつけ続けることが大切です。

つけ続けることで、今のお金の流れを知ることができます。

マネマネの目標はお金の管理方法を知り、貯金を増やすことにあります。

そのために、まずは家計簿を活用して普段の支出を以下のように大別します。

  1. 固定費
  2. 消費(変動①)
  3. 浪費(変動②)
  4. 貯金

それぞれを説明していきましょう。

 

固定費

家賃(住宅ローン)、保険料、通信費、お子さんがいれば保育園や給食費など月の支出にほぼ変動がないもの

 

消費(変動①)

食費、水道光熱費、生活していく上で必要なものなど

 

浪費(変動②)

交友費、衝動買いした服、趣味など、消費に分類される以外のもの

 

貯金

月初もしくは収入を得た段階で貯めるお金
もしくは月の支出の中で余ったお金を貯金に回したもの

 

現状、家計簿をつけている方は、今後この4種類の支出からアプローチをしていくので、ぜひ分けてみてください。

家計簿を現在つけていない方は、ノートにでも良いので最低でも1ヶ月分の日々の支出をこの4種類に分けて記録しておきましょう。

その理由としては、今後の記事を読んで頂くにあたり大別することが必要であり、また、この4種類に分けていないとマネマネを実践することができないからです。

 

まとめ

テレビ番組や他のサイトでは「何にいくら使っているか」を家計簿から把握することが重要だと言われています。

確かに「何にいくら使っているか」を知り、お金の流れを理解することは重要です。

必ず抑えて欲しいポイントです。

しかしながら、もう一歩踏み込み、「なぜ使ったか」まで考えることが本当に必要なことなのです。

マネマネの考え方では、「なぜ使ったか」にスポットを当てて、対策をしていきます。

これにより、ただ貯金を増やすのではなく、正しい金銭感覚を得ることができます。

家計簿をしっかりとつけ、更に支出を4種類に大別し今後のマネマネを行うことで、正しい金銭感覚を得るとともに貯金を増やしていきましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す